姉の自宅の駐車場にいたところを偶然発見

風邪、栄養不足、大量のノミ……子猫のあずきちゃん

里親さんの物語

実在する元保護わんにゃんと

しあわせ便り

保護した当初からは信じられないくらいの元気ぶりに感謝

2014年7月7日七夕の日に、たまたま仕事の合間に姉の家のまえを通ったんです。そしたら、姉宅の駐車場に小さく丸まっている黒い物体が見え、近付くと、涙と目やにで目が開かず、鼻水も出て震えて痩せ細った子猫がいました。近所には野良猫がいたので、多分あずきもその仲間、ただ病気になったためにみんなにについていけなくなったのだと思いました。

 

すぐに抱きあげ、持っていたタオルで包み込み、そのまま職場に連れて行きました。そして事情を話し、病院へ連れて行ったのです。

ひと通り診察を終え、先生からは「危ないです」とひと言。でも必死で頑張っているあずきを見て、「どうしてもこの子を助けたい」と思い、我が家に連れて帰りました。

 

食事も取ることができず、風邪と栄養不足、さらにノミが全身にいたので血を吸われ過ぎての貧血のような症状もあり、3ヶ月は病院へ通い詰めました。あずきは先天性の左足股関節変形もあり、左右の足の長さが違うんです。そのため、長めに通院期間も長くなりました。

 

でも、保護した日から4日目、やっと食事を自分から食べてくれたんです! 涙が出るほどうれしかったのを覚えています。それまではずっと粉ミルクをスポイトで口まで持っていき、与えていました。少しでも栄養が取れるようにと思っていたんです。ほかの症状も少しずつよくなり、表情も次第に出てきて、わずかながら歩けるようにもなってきました。小さな体なのに、本当に頑張っていたんです。

 

当初は、もしかしたら手術することになるかもしれないと言われましたが、成長とともに栄養状態もよくなり、足もだんだんと筋肉がついてきたからかもしれません。今のところ手術の心配はしなくて済んでいます。それでもまだ左右で足の長さは違いますが、痛がることもなく、毎日大暴れしています。食欲もすごくて、大好物の缶詰はぺろっと食べてしまい、他の子が残したのさえも食べてしまうほどになりました(笑)

 

あずきと出会えて本当によかった。7月7日に出会えた、我が家で7匹目のラッキーにゃんこです♪

 

生まれてきてくれて ありがとう!

元気になってくれて ありがとう!

家族になってくれて ありがとう!

 

あずきには、感謝の気持ちでいっぱいです!

これからもみんなと仲良く運動会して大暴れして、毎晩猫じゃらしを枕元に持って来てね!

 

あずきとの時間は私にとって、いちばん楽しくて、いちばん幸せな時間なんです。

2015年12月)

保護猫,捨て猫,野良猫,里親,幸せ,WNS45,wns45,わんドライブ,幸せ物語
保護猫,捨て猫,野良猫,里親,幸せ,WNS45,wns45,わんドライブ,幸せ物語
保護猫,捨て猫,野良猫,里親,幸せ,WNS45,wns45,わんドライブ,幸せ物語

写真に触れると大きな画像で見られます。

Copyright© 2015 wandrive All Right Reserved