​野良猫ちゃんの捕獲依頼について

​当団体では不幸な猫ちゃんたちをこれ以上増やさないためにTNRM活動を行っております。

TNRMとは、T=捕獲 N=不妊手術 R=もとの場所に戻す M=見守るの略で、国内各地域で発生している野良猫ちゃんの増加を制限するための手段です。

 

わんドライブの所在地が茨城県古河市という県境に位置していることから、活動範囲は茨城県西部、埼玉県東部、栃木県南部、群馬県東部の広範囲にわたります。

対象地域の住民の方からのご相談に対応していますが、動ける人員や予算に限りがあるため、残念ながらすべてのご依頼を受け付けることはできません。

 

TNRMはご依頼者さまのご協力がなければ成立しません。

まず労力。対象地域にいる猫ちゃんの調査、捕獲器の設置、捕獲待機中の監視、病院への搬送、リターン後の見守りなど、多くの労力が必要となります。「猫が近所をウロウロしてる。どうにかして!」のひと言だけであとはこちら任せ...というご依頼の仕方では活動団体の負担が増えるばかりです。

 

不妊手術費用は公益財団法人どうぶつ基金さまの援助を得て無料でできるケースもあります。ただしつねにチケットを所有しているわけではありません。また大きなケガや病気が発覚したときなど、不妊手術以外の医療費を誰かが賄わなければなりません。すぐにもとの場所へリターンすることができず一時保護をするとなると、その間の猫ちゃんの食費、トイレ用品などの消耗品費、猫ちゃんのお世話をする労力も必要です。

以上の内容を十分にご理解いただいたうえで、ご自身がお住まいの地域のために「いっしょにやる」という覚悟を持ってご相談いただきますようお願いいたします。さまざまな理由から作業協力が難しい場合、下記料金を頂戴することもございます。ご了承ください。

捕獲器貸し出し...1台1,000円(1週間)

捕獲作業...3,000円(1日1人)

​病院搬送〜リターン...2,000円(1往復)

そのほか医療費が別途必要となります。

IMG_8744.jpg
IMG_8326.jpg
IMG_8749.JPG
IMG_8437.jpg
IMG_8790.jpg
IMG_8746.JPG
IMG_8747.JPG